Green Station / グリーンステーション

エコマーク商品総合情報サイト

JEA 財団法人 日本環境協会 監修
エコマーク商品検索   
エコマークについて グリーン購入法について 環境 / エコマーク制度 Q&A 環境用語解説 当サイト掲載企業 会社概要
エコマーク商品を探す
エコマークカテゴリー
エコマーク商品 / 紙類
エコマーク商品 / 文具・事務用品
エコマーク商品 / 機器類
エコマーク商品 / OA機器
エコマーク商品 / 生活用品
エコマーク商品 / 繊維製品
エコマーク商品 / 建築・土木資材、設備
エコマーク商品 / 防災用品
エコマーク商品 / その他商品
グリーン購入法カテゴリー
当サイトのご利用について
商品掲載について
利用規約
リンクについて
個人情報の取扱いについて
メディア掲載情報
サイトマップ
各サービスの登録方法
納入業者登録方法
見積会員登録方法
会員管理画面
納入業者様
見積会員様
環境用語解説【あ行】
 

アースデイ
様々な環境破壊が進んでいる地球のありようを考え直そうと1970年代にアメリカの市民団体によって始められた運動。 4月22日をアースデイ(地球の日)と定め、現在では世界183カ国が参加する一大イベントへと発展した。

アイドリングストップ
信号待ちや荷物の上げ下ろしなど駐停車時に、自動車のエンジンを停止させておくこと。エネルギー消費量の削減や、それに伴う大気汚染物質、地球温暖化物質の排出抑制に効果がある。

青潮
海底の有機物が腐敗するときに酸素を奪われた水塊が、潮流によって海面に上昇し、硫化水素を発生させる現象。原因は人間の活動から生じる排出物にある燐、窒素などの栄養塩類が浄化能力を越え海水が富栄養化することによって起きる

赤潮
鞭毛(べんもう)藻(虫)やケイ藻などのプランクトンが水面近くで急激に繁殖したため、水の色が変わって見える現象。富栄養化した湖や内湾に多く発生し、しばしば魚介類の大量死をもたらし、漁業をはじめとする産業に多くの被害を与える。

悪臭
誰からも嫌われる悪い臭いのこと。いやな臭い。環境基本法により、「大気汚染」や「水質汚濁」などと並び、公害と定義されている。

アジェンダ21
地球サミット(1992年6月)で採択された、環境保全のための規範を各論において実現するための行動計画。条約のような拘束力はないが、各国の政策への反映が期待されている。97年の国連環境会議で各国の行動計画の取り組みが点検された。 アジェンダ(Agenda)は「協議事項、議題」の意味をもつ英語。

預かり金払い戻し制度
商品等の販売の際に預かり金(デポジット)を料金に上乗せし、消費者が小売店等に商品容器を返却した場合に預かり金を払い戻す制度のこと。消費者に経済的負担を負わせることによって、空き缶や空き瓶の散乱防止し、環境の保全と資源回収を進めることを目標としている。

アスベスト
蛇紋石または角閃石の繊維状をなすもので石綿ともいう。柔らかでしかも強靱なことから断熱・防音・耐火材として使用されてきた。 しかし肺ガンの原因になりうることが明らかになり、使用制限または禁止されるようになった。

アメニティ
「心地良さ」を表すラテン語に由来する英語であり、都市計画がめざす居住環境の快適性。数量的に捉えにくい歴史的環境や自然景観などにも配慮した総合的な住み心地の良さ。

アルデヒド
アルデヒド基と呼ばれる特有の反応基(-CHO)を持つ化学物質の総称。塗料や接着剤などに含まれるアセトアルデヒド、ホルムアルデヒドは、室内にいる人に健康被害をもたらすシックハウス症候群の原因物質とされる。

アロマティック・フリー溶剤
芳香族成分の含有量が1%以下の溶剤

安定型処分場
廃棄物の飛散や流出を防ぐ構造の処分場。廃棄物の性状が安定している産業廃棄物(廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、建設廃材、ガラスくず、陶磁器くず)が対象となる。

硫黄酸化物
硫黄の酸化物の総称で、SOxと略称される。二酸化硫黄(SO2)の他、三酸化硫黄(SO3)、 硫酸ミスト(H2SO4)などが含まれる。 工場や火力発電所で石炭、重油を燃焼する際、その燃料中に存在する硫黄分が硫黄酸化物となり 排出ガス中に含まれ大気汚染の原因となる。

イタイイタイ病
1955年(昭和30年)富山県神通川流域で原因不明の奇病が発見された骨疾患。背骨や手足が痛み、骨がもろくなって容易に骨折する。鉱山廃水に含まれるカドミウムの体内蓄積によるものとされ、1968年(昭和43)公害病第一号に認定された。

一般環境大気測定局
「一般環境大気測定局」は、工場・事業場や自動車等の発生源の影響を直接受けない住宅地等における大気汚染物質の測定を目的として、大気汚染防止法(昭43法97)に基づき、住宅地などの一般的な生活空間における大気汚染の状況を把握するため設置されたものを一般大気測定局という。

一般廃棄物
住民の日常生活に伴って生じるし尿、ごみ、粗大ごみ等のほか、一部の業種の事業活動に伴って排出された紙くず、木くず等の産業廃棄物に含まれない廃棄物の総称。

遺伝子組み換え作物
遺伝子(DNA)の中に人為的に他のDNAを組み込む遺伝子組み換え技術により、自然状態では存在しない新しい性質を付加した作物。除草剤耐性や害虫抵抗性のほか、殺虫作用を持たせた作物もある。

奪われし未来
1996年、アメリカでシーア・コルボーン/ダイアン・ダマノフスキ/ジョン・ピーターソン・マイヤーズの共著として”Our Stolen Future”のタイトルで出版。本書では、膨大な科学データを一つ一つ丹念に検証し、合成化学物質が性発達障害、生殖機能や生殖行動の異常といかに密接に関わっているのかを裏付けた、いわゆる「環境ホルモン」問題を世に知らしめた。

エアロゾル
気体中に浮遊する微小な液体または固体の微粒子状物質をエアロゾルという。化学的組成としては無機物から有機物まで範囲が広い。エアロゾルは、その生成過程の違いから粉じんとかフューム、ミスト、ばいじんなどと呼ばれ、また気象学的には、視程や色の違いなどから霧、もや 、煙霧 、スモッグなどと呼ばれることもある。

栄養塩
窒素やリン酸、カリウムなど植物プランクトンや藻類等のの生命を維持するうえで必要な主要元素とマンガン等の微量元素で炭素、水素、酸素以外の主に塩類として摂られるものが栄養塩である。

衛生用紙
ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ちり紙、タオル、その他衛生用紙などの総称。

エコアップ
生物の生息環境づくりなど自然環境の改善(保全・復元・創造)を行い、地域の環境の魅力の増加、活性化を図ることを言う。開発事業の際に現存する自然をできるだけ保全したり、既に人工的な環境の改変が行われているところをより自然度の高いものとなるよう改善するといったことが挙げられる。

エコスクール
低い環境負荷で設計・建設された学校や、環境教育に活用できる施設を持っている学校、環境負荷の低減に努めて運営している学校など、環境を重視した学校のこと。環境教育に活用できる施設としては、ビオトープなどがあげられる。また、低環境負荷の運営例としては、太陽光など自然エネルギーの利用や、断熱など省エネルギー技術などがあげられる。

エコセメント
下水汚泥や廃棄物焼却灰などを原料として含むセメントのこと。約1,500℃の高温で焼成するため、廃棄物に含まれるダイオキシン類など有機化合物は、水、炭酸ガス、塩素ガスなどに分解され、セメントの安全性も確保できる。これまで最終処分場に廃棄されていた廃棄物をセメントにリサイクルできるため、逼迫する最終処分場問題を解決する処理方法として注目されている。最近では、ダイオキシン類汚染土壌をエコセメントの原料として使用する取り組みも行われている。

エコビジネス
公害防止、省エネ、廃棄物処理、環境創造など環境保全型の技術や製品を開発していこうと言う産業のことをいう。また環境にやさしい企業活動一般やそういった事業を営んでいる企業を指す場合もあり、環境ビジネスともいわれる。

エコプロダクツ
環境配慮型商品の総称。素材や設計、生産、使用後の廃棄など、各過程での環境負荷を少なくした商品のこと。

エコポリス
環境庁が1989年5月に環境白書で提言したもの。 エコロジー(Ecology、生態学)とポリス(polis)の合成語、エコロジカルポリス (生態的な都市)のこと。地域内でのエネルギーの効率化、廃棄物の回収や再生システムの整備、緑化など人と環境とが共存できる都市づくりを目指している。

エコマーク
環境への負荷が少なく、あるいは環境の改善に役立つ環境に優しい製品を示すマーク。 1990年2月にスタート、メーカーや流通業者の申請を受けて、公益財団法人 日本環境協会が審査し、 認定された商品にはマークをつけることが許される。環境保全効果だけでなく、製造工程で も公害防止に配慮していることが必要。このようなマークはドイツ、北欧、カナダ、フランス、 韓国、EC、オランダでも導入されている。

エコリーフ
製品の環境情報を定量的に示したラベルのこと。製品やサービスについて、資源採取から廃棄されるまでのライフサイクルにおける環境負荷や資源消費負荷などの情報を、定量的かつ客観的に情報開示する。

エコロジー
生物集団間および、それを取り巻く無機的環境との関連を研究する学問。社会生態学。人間生態学。

エネルギー・スター
エネルギー効率性の高い電気・電子機器等を対象とした環境ラベリング制度。1992年にEPA(米国環境保護庁)によって開始され、1995年からは連邦エネルギー省も加わっている。制度開始当初は、コンピュータとモニタの2つの製品カテゴリーのみが対象であったが、2001年現在、38の製品カテゴリーと、これに含まれる13,000を超える製品が対象とされている。

エルニーニョ現象
エクアドルからペルー沖で起こる海水温の上昇現象で、通常よりも水温が異常に上昇し、水温の上昇海域がペルー沖だけでなく、日付変更線付近まで数千km以上広がった現象。

オーガニック
化学肥料や農薬に頼らずに堆肥や生物などを利用して栽培するという、健康で安全な農作物の栽培方法。

汚染者負担の原則(PPP)
汚染物質を出している者は、公害防止に努め、自ら費用を負担して必要な対策を行うべきであるという考え方。

オゾン層(O3)
地球を取り巻く成層圏(せいそうけん)に存在するのがオゾン層。オゾン層は、太陽光線に含まれる、生物に有害な紫外線の大部分を、吸収する役割を果たしている。このため、オゾン層が破壊されると、生物に甚大な影響が生じる。

オゾン層の破壊
近年フッ素化合物(フロンガス)などの人工科学物質によってオゾン層が破壊されていることが明らかになってきた。フッ素化合物は使用後大気中に放出されると対流圏では分解されず成層圏に到達し太陽光により分解されるが、その際に生ずる塩素原子がオゾン層を破壊する。破壊によって増加するUV-B(280〜320nm)が人間の健康に大きな悪影響を及ぼす。例えば白内障、皮膚ガンの増加、皮膚免疫機能の低下などである。植物に対しても成長阻害、葉の色素の形成阻害が起きる。

オフモード
一定時間が経過した後、自動オフ機能によって電源を切った状態。

温暖化ガス
地球温暖化の原因となる二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、フロン類などのガスの総称。 温室効果ガスのおよそ8割は石油、石炭等の化石燃料の燃焼によって生じると言われている。

 
 
 
▲ このページのトップへ


運営:(株)ファイン 監修:公益財団法人 日本環境協会 Copyright © 2007 Fine co., ltd. All rights reserved.
トップページ お問い合せ 記事一覧 記事一覧